【うどん本陣 山田家よりお知らせ】 鍋もいらない! レンジで簡単!人気の個食讃岐うどんがリニューアル!

外食産業・フード 話題!!

一日4,000人が行列する讃岐うどんの老舗「うどん本陣 山田家」。冷凍うどん、純生うどんなどの自社工場である株式会社山田家物流(本社:香川県高松市牟礼町牟礼3186、代表取締役社長:山田 康介)では、発売以来、年間約20万食販売の人気商品「冷凍個食鍋」を、電子レンジでの調理可能な専門容器にリニューアルいたしました。

うどん本陣 山田家

調理写真

「うどんすき」「すき焼うどん」「カレーうどん」「味噌煮込うどん」「きつねうどん」。ちょっと贅沢で本格的な味が楽しめると、発売以来ご好評いただいている山田家の「冷凍個食鍋」。当初はギフト用を中心に全国の百貨店や高級スーパー等で販売していましたが、外食もままならないコロナ禍で注文が殺到。お客様から「もっと簡単に調理できるようになれば」というリクエストをいただき、昨年春より開発がスタートしました。

リニューアルにあたり、ご高齢の方や、おひとり暮らしでなかなか自炊する機会がないという方でも安全でお気軽に召し上がっていただけるよう、また勤務の合間にサッとおいしく食べられるように、電子レンジがあれば“鍋いらず・水入らず”で簡単調理できるものへの変更を計画。安全な冷凍・電子レンジ対応容器を目指して包装資材メーカー2社(株式会社エフピコ(広島)・株式会社テクノリサーチ(愛知))と共同研究を行いました。

お客様に手にとって選んでいただきやすい視認性の高い容器は当初からあったものの、従来ある透明なフタは冷凍食品では使えませんでした。透明フタは高熱への耐性があっても低温下では柔軟性が失われて流通の過程で破損の恐れが。そこで、タピオカドリンクの透明フタ(トップシール)に使われている素材を研究し、フタとして用いることで、業界でも初となる安全性と視認性、柔軟性に優れ、かつ冷凍・レンジ対応が可能な容器が完成しました。

開発を進めるにあたり、国の令和元年度補正ものづくり補助金ではレンジアップ対応個食鍋にも対応した製造設備(令和2年6月30日採択)、および香川県の事業者応援補助金ではレンジアップ対応トップシール機(令和2年9月29日採択)が革新的な製品開発として認定されました。採択が決定したのちにも素材の見直しや強度、安全性の向上など改良を続けました。開発スタートから1年以上もの時間を有することになりましたが、その分ご利用いただきやすい形状へと進化することができました。

麺も従来のものから改良を加えた「冷凍個食鍋」の調理時間は、電子レンジ600wで約9分(レンジによっては時間が異なる場合も)。サッと取り出してレンジに入れるだけと調理の手間もないため、家事や用事をこなしていただいているうちに完成します。

【ご注目いただきたい特徴】

・1食分ずつ冷凍の手軽さと冷凍とは思えない美味しさ

・業界初!安全性と視認性に優れた透明フタ

・600ワット約9分でレンジアップ可能な専用容器にリニューアル

・レンジひとつあれば、どこでもどなたでも調理できます

【商品概要】

商品名 : 冷凍個食鍋(うどんすき・すき焼うどん・カレーうどん・

味噌煮込うどん・きつねうどん)

種類  : 冷凍うどん

小売価格: 単品価格540円~ ギフト用:4人前3,780円、6人前5,400円(税込)

発売日 : 2021年6月1日

販売  : 全国主要百貨店(ギフト・グロッサリー)、

高品質商材を取り扱うスーパー、うどん本陣山田家オンラインストア、

通販受付専用電話などでの注文も可能

URL   : https://www.rakuten.co.jp/yamada-ya/

 https://store.shopping.yahoo.co.jp/yamada-ya

【会社概要】

会社名    : 株式会社山田家物流

代表者    : 代表取締役社長 山田 康介

所在地    : 香川県高松市牟礼町牟礼3186

フリーダイヤル: 0120-06-0037

TEL      : 087-845-0012

FAX      : 0120-45-7419

URL      : https://yamada-ya.com/