プレスリリースの書き方

プレスリリースを上手く書くにはコツを理解すべし!

プレスリリースは一般の方だけではなく、メディア関係などかなり広いジャンルの方々に読まれることになります。
少しでも多くの人に読んでもらい、興味をもってもらうには、ちょっとしたコツが必要になります。

例えば、プレスリリースはチラシや広告のようなポップで過度な表現は必要ありません。
伝える側としては伝えたいことがいっぱいあるはずなので、文章量が多くなってしまったり、分かりにくい表現をしてしまったりすることも少なくありません。

読み手のことを考えると”必要な情報を分かりやすい言葉で簡潔に書く”ことがとても大切です!

また、プレスプレイスのようなプレスリリースのポータルサイトでは多くの企業や団体、フリーランス、個人のプレスリリースがインターネット上に公開されています。
その多くのプレスリリースが掲載される中で、いかに「目につくタイトル」や「目立つ画像」を作るかが重要になってきます!

プレスリリースの内容自体はもちろん大切ですが、まずはそれを読んでもらうために、クリックしてもらえるようなタイトル作りと画像制作を心がけてみてください。

プレスリリースの書き方

 

より良いプレスリリースを作るには順序と表現方法を考えるべし!

プレスリリースはリリースする人、タイトル、サブタイトル、本文、問い合わせ先、ビジュアルの6つの要素で構成されています。まだプレスリリースを書いたことのない方は、まずこの6つの要素を練ってから構成してみてください。

本文は「です・ます調」で書くのが基本となりますが、ラフなプレスリリースも多くなってきているので、キャッチーな言い回しでもそれほど大きな問題ではありません。

気を付ける点は、どのような媒体にプレスリリースを発信するかによって、その言い回しが変わってくるという点です。基本的には、良い印象を持ってもらうためにも「です・ます調」を使うのが無難です。
「プレスリリースの表現」では、7つの表現の基本を紹介しています。これらを押さえて、正確に伝わるリリースを目指しましょう。

 

プレスリリースに添付する画像や動画にもこだわるべし!

プレスリリースは伝えたいことが多いあまり、長い文章になってしまいがちです。

お気持ちはよくわかるのですが、読む側としてはそこに最適な画像や動画があることでよりプレスリリースの内容を深く理解することができます。
プレスリリースの画像や動画がない場合は、最近では画像の無料素材サイトも多くありますので、プレスリリースのイメージにあうような画像をチョイスしてみてください。

またプレスリリースに画像や動画が添付されることによって、SNSで拡散しやすくなり話題になる例も多くあります。
より多くの人にプレスリリースが届くように、インパクトと興味を持たせることができる画像や動画作成を心がけてみてください。