全国3コースで世界のサイクリストが参加する バーチャルサイクリングイベント “ツール・ド・熱中小学校”を開催

医療・美容

全国に大人の社会塾「熱中小学校」を展開する、一般社団法人熱中学園(東京都・代表理事:堀田 一芙)は内閣府が公募した令和3年度「関係人口創出・拡大のための中間支援モデル構築に関する調査・分析業務」において、ハイブリッド型サイクルツーリズム(バーチャルから入り、リアルな関係人口へ進める)によるレースを全国3か所で実施します。全世界のサイクリングファンを引き付けるグローバルの視点を持ったプログラムです。

関係人口創出・拡大のための中間支援モデル構築に関する調査・分析業務

TOUR DE 熱中小学校ロゴ

このVR(バーチャルリアリティー)によるインドアサイクリングレースは、AR(拡張現実)プラットフォーム「ROUVY(ルービー)」を運営するチェコ共和国のVirtualTraining s.r.o社のサービスを活用し、熱中小学校を展開する千葉県銚子市、和歌山県東牟婁郡太地町エリア、高知県仁淀川エリアの3地域において、県内の実写ロード動画によるバーチャルサイクリングコースを公開、各拠点の熱中小学校及び自治体と連携し、該当コースの魅力発信や地域への関心を高めるため、以下の日程にてバーチャルライブサイクリングレースを実施いたします。

コロナの状況が不透明な中で、全世界のサイクリストがツアーイベントに参加し、やがて現地を訪れるきっかけにするとともに、将来的にはSNSを介した交流、物産紹介などを行うことで、サイクリングとともに観光を堪能した人々をネットコミュニティ化し、それぞれの関係人口として各地とサイクリングを楽しみながら、地域の振興に関わっていくことを目指します。

イベント(1)

日時   : 2021年11月23日(火・祝) 17:00 スタート

場所   : 千葉県銚子市

コース名 : 銚子イイ!グルメライド 熱中バーチャル版

コース長 : 約41km

コースURL: https://rouvy.com/events/race/67178/

リアルイベント会場: 銚子スポーツタウン

千葉県銚子市野尻町1600

イベント(2)

日時   : 2021年11月28日(日) 17:00 スタート

場所   : 和歌山県東牟婁郡太地町エリア

コース名 : 南紀太地町 Virtual Road Race

コース長 : 約14km x 2周

コースURL: https://necchu-kuchikumano.com/2021/11/20/rouvy/

リアルイベント会場: 会場未定

イベント(3)

日時   : 2021年12月5日(日) 17:00 スタート

場所   : 高知県仁淀川エリア

コース名 : 高知仁淀川 Virtual Road Race

コース長 : 約26km

コースURL: https://rouvy.com/events/race/67372/

※リアル会場では、地元事業者や個人ボランティアのアンバサダーによるレース中継等が行われます。

■ROUVYについて

ROUVYは、チェコに本社を置くVirtualTraining s.r.o.社が開発したアプリで、世界中の自転車競技やトライアスロンのコミュニティで利用されています。日本をはじめとする世界各国の300以上の実写映像コースを収録しており、プレイヤーとバーチャルリアリティの世界でのサイクリストやランナーの役割を果たすアバターを使って、自宅にいながら友達と一緒にVRで世界中をサイクリングしたり、走ったりすることができるアプリです。ROUVYは、ブエルタ・ア・エスパーニャやツール・ド・スイス、IRONMANなどをはじめとする世界中の自転車レースのオフィシャルパートナーです。

ROUVYのアプリを活用した「ツール・ド・熱中小学校」イベントを11月23日(祝・火)から開催します。実際に撮影した「ちば銚子熱中小学校」、「紀州くちくまの熱中小学校」、「こうち仁淀ブルー熱中塾」の3校がある県内の自然豊かなロケーションをバーチャルサイクリングで楽しみながら、タイムを競う「ワンデイレース」となります。ワンデイレース終了後も、継続して各コースを自由に走行することが可能です。

■コース紹介

◯千葉県銚子市

銚子イイ!グルメライド 熱中バーチャル版コースは、風情溢れる漁港町“銚子”のイイ所を全部詰め込んだ、初心者でも気軽にお楽しみいただけるコースです。

港町下町の街並み、漁船が並ぶ漁港、太平洋を望む風光明媚な海岸コース、キャベツ畑と風車など、走る中でどんどん様変わりする風景が楽しめます。

◯和歌山県東牟婁郡太地町エリア

南紀太地町コースは、毎年、和歌山県南部で開催されるUCIアジアツアー2.2のロードレース「ツール・ド・熊野」Stage 3 太地半島周回コースをベースに作成されています。舞台は、熊野灘に突き出した太地半島。太地町は古式捕鯨発祥の地でその歴史は約400年前に遡ります。黒潮に洗われ、温暖な気候に恵まれたこの地域は、日本遺産「鯨とともに生きる」に認定されています。コースは1周13.7km獲得標高186mと、厳しいアップダウンが繰り返され、本格的なロードレースを体験できるコースとなっています。

◯高知県仁淀川エリア

高知仁淀川コースは、水質全国一位、奇跡の清流とも呼ばれる透明度の高い仁淀川を自転車で駆け抜けます。澄んだ水を間近で見られる安居渓谷にも足を延ばし、高知の美しい自然と調和した澄んだ渓流の芸術作品のような景色が堪能できます。

■参加料金

「ツール・ド・熱中小学校」の各コースは無料でお楽しみいただけます。初回登録すると無料で利用できる14日間のトライアル期間があります。また、今回のイベントに参加すると、さらにプラス14日間、合計28日間のトライアルが受けられます。

トライアル終了後、ROUVYのサブスクリプション(利用料金:月額12ドル)に申し込みがない場合は、自動的にサービスが終了となります。

■ご準備いただくもの

インターネット環境と対応デバイス、スマートトレーナー等があれば、どこからでも参加可能です

◯インドアサイクルトレーナー(スマートトレーナー推奨)

◯自転車(インドアサイクルトレーナーにセットするロードバイク等)

◯ROUVYアプリをインストールするデバイス(スマホ/タブレット/パソコン等)

※対応する機材や工具類に関しては、インドアサイクルトレーナー、自転車やデバイスによって異なりますので、事前にご確認ください。

■参加方法

https://necchu-shogakkou.com/news/2264/

<代表プロフィール>

一般社団法人熱中学園 代表理事

堀田 一芙(ほった・かずふ)

1969年慶応義塾大学経済学部卒、日本アイ・ビー・エム入社。PC販売、ソフトウェア、ゼネラルシステムの各部門で事業部長などへて常務取締役。1976年インディアナ大学MBA取得。2007年に59歳で日本アイ・ビー・エムを退社し、2011年の震災を機にオフィス・コロボックルを開設して熱中小学校を含む地方創生プロジェクトの支援を開始。2019年3月に一般社団法人・熱中学園を設立し代表理事に就任。多くのハイテク企業でも顧問や取締役などを務めた。

<熱中小学校及び熱中学園とは>

「熱中小学校」(大人の社会塾)は、2015年から順次開校され、各地自治体と密接に協業しながら、地域に根差した新たな学びとその実践を各地で個性的に進めています。2021年中に国内19校、海外1校となり、1,100人以上の老若男女が、約300人以上のボランティア先生の授業を受け、地方創生の担い手の育成活動をしています。

熱中学園は全国の熱中小学校を統括する一般社団法人として、2019年3月に設立。人をつくり、まちに活気をもたらし、誰もが満足感にあふれる生活を送れる日本をめざすこの「熱中小学校」プロジェクトの活動全体を企画、継続、成長させています。

https://necchu-shogakkou.com/