第26回ふるさとイベント大賞優秀賞を受賞「SHIROFES.」「スポーツ文化ツーリズムアワード」

エンタメ・イベント 旅行・ホテル・レジャー

全国各地の地域の活力を生み出すイベントを表彰し、全国に向けて紹介することで、ふるさとイベントの更なる発展を応援する「ふるさとイベント大賞」。26回目を迎えた今回の応募は、過去25回までの大賞、最優秀賞の各賞を受賞したイベントも応募対象となり、74もの栄えある数々のイベントの中から、「SHIROFES.」が3位となる優秀賞(地域活性化センター会長表彰)に選ばれました!弘前の受賞は昨年の「全国高等学校ファッションデザイン選手権大会(ファッション甲子園)」に続き2年連続です。

ふるさとイベント大賞

SHIROFES.2020 (C)Little Shao

■「SHIROFES.2020 -踊れ、遊べ、弘前でも世界でも。-」

「SHIROFES.(城フェス)」は弘前城本丸を舞台に、2016(平成28)年より毎年開催している世界最大級のダンス&パフォーマンス複合フェスティバル。世界最高峰のダンスの世界大会やエクストリームスポーツ界トップアスリートによるステージ、津軽三味線、津軽笛、ねぷた囃子の生演奏、地元高校生書道部による書道パフォーマンス、eスポーツコンテンツや地元アーティストによる音楽ライブなど、幅広く充実した内容で開催しています。対象となった「2020年」開催はオンラインのみ。翌「2021年」開催イベントは出演者のみ弘前に来てもらい、オンライン配信と組み合わせたハイブリット型だった。文化庁・スポーツ庁・観光庁「スポーツ文化ツーリズムアワード2021」大賞を昨年11月に受賞。

■ふるさとイベント大賞

1996(平成8)年より開催。今年で26回目。ふるさとイベントの創造・発展を促すことで、地域固有の風土・伝統・暮らしを守るとともに、地域に対する愛着と誇りを育み、内外との交流につながる地域の活性化を目指しています。今回の応募総数は74件。主催は「一般財団法人地域活性化センター」。後援に内閣府、総務省、全国知事会、全国都道府県議会議長会、全国市長会など。選考委員会の委員長は株式会社アートフロントギャラリー代表取締役・北川フラム氏。選考委員は、有限会社内原智史デザイン事務所代表取締役・内原智史氏や作家の角田光代氏など。

■ひろさき芸術舞踊実行委員会代表・岩渕伸雄からの受賞コメント

「スポーツ文化ツーリズムアワード」に続いての受賞ということで、大変光栄に思っております。私たちはこれまで、弘前だからできること、弘前じゃなければできないことに着目し、「弘前から世界へ」をテーマに挑戦してきました。この挑戦に対する評価は、支えてくださる全ての方々のお力によっていただけたものです。コロナ禍を迎え、大変な状況ではありますが、今後もその挑戦を止めることなく、「世界から弘前へ」繋がるような道を作り、歩んでいきたいです。

■今後の予定

第26回ふるさとイベント大賞 表彰式

日時: 2022(令和4)年3月8日(火)13時~14時

場所: ルポール麹町2階 クリスタル(東京都千代田区平河町2-4-3)

URL : https://youtu.be/NSsESvlWv1k ※YouTubeでライブ配信も行います

※新型コロナウイルス感染症の拡大状況によりオンライン開催となる場合があります。

■ひろさき芸術舞踊実行委員会とは

芸術舞踊に関する活動を青森に根付かせ、多くの人々に芸術舞踊に親しみ、理解を深めてもらうため発足した市民団体。子どもたちに発表の場を作るという思いから始めた舞台公演「DREAMER」や「ダンスフェスティバル」「DANCE交流文化祭」など弘前を中心に活動しています。