東京工芸大学カラボギャラリーが第8回企画展 「陰翳の中の色彩美-日本の伝統-」を12月17日より開催

出版・アート・カルチャー 話題!!
このプレスリリースをシェアする

東京工芸大学(学長:吉野弘章、所在地:神奈川県厚木市、以下 本学)は、2021年12月17日(金)~2022年3月25日(金)まで、本学色の国際科学芸術研究センター「カラボギャラリー」において、第8回企画展「陰翳の中の色彩美-日本の伝統-(以下 本企画展)」を開催します。本企画展は、文化庁「令和3年度 大学における文化芸術推進事業」に採択された「アート&テクノロジーマネジメントにおける高度な理論及び実践力を持った工芸融合人材の育成」事業の一環として開催するものです。

陰翳の中の色彩美-日本の伝統

「陰翳の中の色彩美-日本の伝統-」チラシ

本学カラボギャラリーでは、これまでに7回の企画展を開催しており、第8回となる今回は「陰翳の中の色彩美-日本の伝統-」をテーマとして開催します。

本企画展は、実寸大の能舞台(一部)や西陣で織られた唐織の能装束、茶室の床の間等を展示し、太陽光の照度を吸収する壁に囲まれた薄暗い室内において発展してきた日本古来の色彩感覚について考える内容となっています。また、能装束については、「朱生成段替り花籠に藤萩文様唐織」と「紅浅葱段替り露芝に梅水仙の雪輪と垣に菊文様唐織」(西陣織)が入替で展示されます。日光の時間変化を模擬した照明下で本来の色彩美を体験できます。さらに、2022年2月19日(土)には、外部講師に松山隆之氏(能楽シテ方観世流)と、三浦大徹氏(武者小路千家)をお呼びして記念ワークショップの実施も予定しています。

概要は下記のとおりです。

◆カラボギャラリー第8回企画展「陰翳の中の色彩美-日本の伝統-」

【会期】 2021年12月17日(金)~2022年3月25日(金)

【開館】 月曜日~金曜日 12:00~17:00 (休館日:土曜日・日曜日・祝日)

【入場料】無料

【会場】 カラボギャラリー

(神奈川県厚木市飯山1583 東京工芸大学厚木キャンパス12号館2階)

【主催】 東京工芸大学 色の国際科学芸術研究センター

【出展作品及び作家】

■能装束 ※展示入替あり。

・12月17日(金)~1月7日、1月24日~3月4日:

朱生成段替り花籠に藤萩文様唐織 松山隆之(能楽シテ方観世流)

・1月10日(月)~1月21日(金)、3月7日(月)~3月18日(金):

紅浅葱段替り露芝に梅水仙の雪輪と垣に菊文様唐織

協力:渡文株式会社

■能舞台

田野倉徹也(数寄屋建築家)

■床の間

三浦大徹(武者小路千家)、田野倉徹也(数寄屋建築家)

■谷崎潤一郎『陰翳礼讃』

協力:芦屋市谷崎潤一郎記念館

■笹色の紅

研究者代表:矢島仁(東京工芸大学芸術学部映像学科准教授)

■和の色の広がり

森山剛(東京工芸大学工学部工学科准教授)

【協力】

公益財団法人手織技術振興財団、渡文株式会社、 国際交流基金(JF)、芦屋市谷崎潤一郎記念館、株式会社アヴニールマックス、HIGURE 17-15 cas、Sadatomo Kawamura Design

※予約方法等詳細については公式ホームページでご確認ください。

https://collab.t-kougei.ac.jp/

◆記念ワークショップ「文化の萃点 ~能楽と茶の湯の陰翳」

・日時:2022年2月19日(土) 10:30~12:00

※事前予約制。詳しくは公式ホームページでご確認ください。

・講師:松山隆之(能楽シテ方観世流)、三浦大徹(武者小路千家)

・会場:東京工芸大学厚木キャンパス 7号館1階 711教室

◆カラボギャラリーとは

東京工芸大学の「研究センター」として、「色」をテーマに本学の特長である工学部・芸術学部教員の共同研究・制作の成果を生み出しています。

カラボギャラリーは、国内初の「色」をテーマとした常設ギャラリーです。アート作品を通じて「色」の科学的・芸術的な面白さや奥深さを体験することができます。

陰翳の中の色彩美-日本の伝統

色の国際科学芸術研究センター

■令和3年度 文化庁 大学における文化芸術推進事業

文化庁は、多彩な芸術文化活動を支える高度な専門性を有したアートマネジメント(文化芸 術経営)人材の養成を推進するため、芸術系大学等による実践的なカリキュラムの開発・実施を支援し、開発されたプログラムを広く周知・普及させることを目的として「大学における文化芸術推進事業」を行っています。

【URL】 https://www.bunka.go.jp/seisaku/geijutsubunka/shinshin/daigaku/