あなたのRUNを応援する『第2回リポビタンランニング 略して~リポラン~@皇居』オンライン開催

スポーツ・フィットネス
1月29日(土)に、ランナーに向けたイベント『第2回リポビタンランニング 略して~リポラン~@皇居』を開催しました。
リポラン
 
たむじょー氏(左)と横田真人氏(右) オンラインイベント参加者との記念写真
第2回となる今回は新型コロナ・オミクロン株による感染急拡大のため、オンラインイベントに変更。リポビタン for Sportsサポートアスリートで男子800m元日本記録保持者である「TWOLAPS TC」コーチの横田真人氏と、箱根駅伝出場経験者であるランニング×コメディYouTuberたむじょー氏をゲストにお迎えし、オンライントークショーを実施しました。

横田さんは昨年のBeyond2021という大会でフルマラソンに初挑戦。たむじょーさんの好アシストにより、元中距離選手がサブスリー(3時間切り)達成という大偉業を成し遂げました。トークショーではこの初挑戦の秘蔵話を披露。
フルマラソンは30kmから地獄と聞いていたが、25kmくらいからエネルギーが枯渇して走れなくなってきた。周りのランナーからの「ゼリーを飲めよ!」というアドバイスからゼリーで栄養摂取して乗り切ったなどと、適切なタイミングで適切な栄養素を摂取する大切さも語ってくれました。

大正製薬からは「その一走にすべてを出し切りたい!」というランナーの思いに応えて、レース本番や練習時におすすめの、リポビタン for Sportsの摂取方法をご提案。走る前にはカフェイン・β‐アラニン配合のリポビタンショット for Sportsの摂取を、ランニング中は消化吸収速度の異なる複数のエネルギー源を組み合わせたリポビタンゼリー for Sportsを、走った後は必須アミノ酸BCAA・クエン酸を素早く摂取できるリポビタンパウダー for Sportsを取り入れるなど、シーンに合わせた活用方法をご紹介しました。

その後の質問コーナーでは、「ランニングフォームを維持するために必要な体幹トレーニングを知りたい」という参加者の要望に応えて横田さんがコーチならではのトレーニングをレクチャー。「大会の調整方法、大会前日に刺激を入れた方が良いの?」という質問に、たむじょーさんが「前日刺激を入れるようにしているが、疲れを残さない程度にサッと終わらせることが重要。」と箱根駅伝出場経験を活かした疲れマネジメントの重要性を語ってくれました。

リポラン
 
トレーニングをレクチャーする横田氏(奥)
トークショーの最後にはお二人から宣言が!
たむじょーさんは「1500mで日本選手権の出場を目指します!」、横田さんは「フルマラソンでサブエガ(2時間50分切り)を狙います!」
聞いているイベント参加者がより前向きになれるような強い意志あふれた宣言をしてくれました。
リポラン
 
挑戦するぞ!と強い意志を示してくれた横田氏(真ん中)とたむじょー氏(右)
当社は「リポビタンfor Sports」シリーズを通し、今後もスポーツを頑張るアスリートの方はもちろん、運動をされる全ての皆さまを運動時に消費してしまう栄養摂取の面からサポートしてまいります。

『リポビタンランニング 略して~リポラン~@皇居』とは?
皇居ランを盛り上げたいという思いから皇居周辺のランステーション施設5店舗(JOGLIS、MARUNOUCHI Bike&Run、ラフィネランニングスタイルOtemachi One店、Re・Ra・Ku PRO Running竹橋皇居前店、ハイテクタウン)と連動し、企画されたランニングイベントです。毎回お揃いのアイテムを用意、それを着たランナーたちが走る前にリポビタンショット for Sportsを飲み、ランステーション各店舗から一斉に皇居を楽しく駆け抜けます。まさに皇居ジャックです。

リポラン
 
お揃いのアイテム、オリジナルTシャツ
・リポビタン for Sports Twitterアカウント:https://twitter.com/sports_taisho
・リポビタン for Sportsブランドサイト:https://brand.taisho.co.jp/lipovitan/sports/

【本件に関するお問い合わせ先】
◇大正製薬株式会社
マーケティング本部 マーケティングPR部 担当:村上、福塚
電話:03-3985-1111(大代表)