スノーピークの “フィールドスイートスパ ヘッドクォーターズ”のアメニティに「jiwajiwa お風呂のハーブ」が採用

オススメ♪ 旅行・ホテル・レジャー 食品・飲料

チアフル株式会社(本社:奈良県奈良市、代表取締役:松本 梓)の「jiwajiwa お風呂のハーブ」が、2022年4月15日に開業したスノーピーク(snow peak)の複合型リゾート「フィールドスイートスパ ヘッドクォーターズ」の宿泊施設アメニティに採用されました。

フロントで、3種類から選んで頂けます。

jiwajiwa お風呂のハーブ

jiwajiwa お風呂のハーブ

○奈良・吉野ひのきの湯

ひのきの清々しい香りはリラックスしたい気分にぴったり。

品質の高さで知られる奈良・吉野産ひのきの格別な香りに包まれれば、バスタイムはやさしい森の中で過ごすようなひと時に。

○奈良深吉野のよもぎと高取の大和当帰葉の湯

ぽかぽか温まりたいときにぴったり。

ハーブの女王ともいわれるよもぎと、古くから漢方薬として用いられてきた大和当帰の、葉の部分の組み合わせ。じんわりと“めぐり”を高めてくれます。

○奈良・大和高原のびわの葉と宇陀のどくだみの湯

デトックスしたいときにおすすめ。

奈良時代から人々の健康に役立てられてきたびわの葉と、薬効が多いため十薬(じゅうやく)とよばれるどくだみの組み合わせ。お肌をととのえ、心すっきり美しく。

お風呂のハーブは、すべて合成着色料、香料、防腐剤などは無添加。原材料は生産者の方と直接お会いして仕入れており、赤ちゃんや敏感肌の方はもちろん、アトピーの方にもご愛用いただいています。

jiwajiwa お風呂のハーブ

jiwajiwa お風呂のハーブ 3種類

4月15日に新潟県三条市にオープンした「フィールドスイートスパ ヘッドクォーターズ」はアウトドア用品のスノーピーク(本社:新潟県三条市)が手がける複合型リゾート施設です。

温浴施設を中心とし、大浴場からは日本三百名山のひとつ粟ヶ岳の景観を望めます。

焚き火気分で楽しめるサウナ、地元食材を味わえるレストラン、ヴィラやグランピングタイプの宿泊施設など、すべての施設が自然との一体感を感じられる設計となっています。

jiwajiwa お風呂のハーブ

スノーピーク「フィールドスイートスパ ヘッドクォーターズ」

<フィールドスイートスパ ヘッドクォーターズ>

所在地: 新潟県三条市中野原456-1

電話 : 0256-46-5858

URL  : https://www.snowpeak.co.jp/fieldsuitespa/hq/

<jiwajiwa(じわじわ)とは>

●ブランドコンセプト

きっと、それって、いい時間。暮らしのなかに植物のちからを。自然の恵みがじわじわと心とからだに染み入り整える。“わたしにやさしいひととき”をjiwajiwaがお届けします。

●ブランドフィロソフィー

いろんなモノやコトで埋め尽くされてしまった日々に、心とからだを整える「余白の時間」をお届けしたい。そして、使う方にはもちろん、作り手・地域・未来にもよい、「四方よし」の調和を繋げて、広げていきたい。そんな2つの想いを込めて、“しあわせのしかく”をコミュニケーションシンボルに掲げています。

jiwajiwa しあわせのしかく

●素材について

主な原材料は、すべて奈良県内の農林業者と直接お会いして預かった薬草・ハーブです。

お風呂のハーブの原材料は、ひのき以外は、無農薬・無化学肥料で栽培された食べられる植物です。オーガニック志向の方、赤ちゃんやペットがいる方、敏感肌の方におすすめです。

●製造について

奈良県内の障害者福祉施設や要介護高齢者施設で、障がい者・高齢者スタッフが一つ一つ手作業でつくっています。発送作業の一部は、在宅ワークの母親たちが担当し働きにくい方々の仕事づくりに繋がっています。

jiwajiwa HP: https://www.jiwajiwa.jp

<お風呂のハーブについて>

jiwajiwaのオリジナル商品、自然素材100%の入浴料。奈良県内で無農薬・無化学肥料で栽培された植物を、そのまま乾燥させて専用の巾着に詰めています。障がい者・要介護高齢者が一つ一つ手づくりしていて、生産管理や情報発信には在宅ワークの母親たちが携わっています。使い手にとってはもちろん、作り手、地域、未来にやさしいアイテムです。

<チアフル株式会社について>

2016年3月創業。代表取締役 松本 梓は、大手メーカー勤務時代、全国各地を訪れるなかで、日本のローカルエリアの魅力に気づき、自分らしい働き方を考えたいタイミングと重なり起業。奈良県産の薬草を原材料にした自然素材100%入浴料「お風呂のハーブ」を取り扱うオリジナルブランド「jiwajiwa」を立ち上げた。2022年春から、奈良・吉野にブランドが伝えたい“余白のある時間”や“四方良しのものづくり”といった価値観を発信する場所「jiwajiwaな、おうち」をオープンし、イベントやワークショップ・体験ツアーを企画している。主な事業は、物販の「jiwajiwa」、体験の「jiwajiwaな、おうち」のほか、薬草・ハーブの原材料の調達・卸、OEM製造の受託など。