ベルクとアドインテが広告販促DX推進で業務提携 リテールメディア『ベルクAds』開始

IT・Web・アプリ

株式会社ベルク(本社:埼玉県鶴ヶ島市、代表取締役社長:原島 一誠)では、IOTとAIを活用し流通小売DX支援を行う株式会社アドインテ(本社:京都府京都市、代表取締役:十河 慎治)と協業し、ID-POSデータなど様々なオンライン・オフラインの購買行動データを統合した「CDP(Customer Data Platform)」を構築。デジタル広告と融合したリテールメディアID-POS連動型広告『ベルクAds』(ベルク広告)を開始いたしました。

ベルクAds

企業ロゴ

本サービスでは、アドインテが独自開発したWi-FiとBluetoothを利用するIOT端末「AI Beacon」にてユーザー許諾を得て取得した匿名加工情報と、ベルクが保有するID-POSデータなどオンライン・オフラインの購買行動データを「CDP(Customer Data Platform)」に格納し、店舗への実際の来店状況や、来店顧客の購買傾向に基づいて最適化されたデジタル広告の配信をすることで“One to ONE”のコミュニケーションを実現いたします。

ベルクAds

サービスイメージ

【サービス概要について】

『ベルクAds』は、ID-POSデータなどオンライン・オフラインデータの購買データとデジタル広告を連携することで、お客様の行動に合わせた“One to ONE”コミュニケーションを実現。

店舗への実際の来店状況や、来店顧客の購買傾向に基づきデジタル広告の配信を行えるため、お客様の潜在的な興味関心に沿った最適な広告を配信することが可能となり、より快適で便利なお買い物体験を実感いただけるサービスとなります。

また今後は、ベルクのスマートフォンアプリなどを通じ、店頭販促やチラシ情報と連動したお買い得情報やクーポンなどを受け取っていただけるようサービス拡充も予定しております。

【サービス開始にあたって】

ベルクでは、「Better Life with Community(地域社会の人々に より充実した生活を)」の経営理念に基づき、お客様のより快適で便利な購買体験の実現にむけてオンライン・オフラインを融合するOMO(Online merges with Offline)を推進するなか、今回、アドインテ社と業務提携することとなりました。

アドインテ社の独自開発するWi-FiとBluetoothを利用するIOT端末「AI Beacon」を活用し、保有するオンライン・オフラインの購買データを基盤に小売業が購買起点の広告配信のプラットフォーマーとなる「リテールメディア」開発をすすめてまいります。

昨今のサードパーティークッキー規制による脱クッキーの時代にも対応した「リテールメディア」開発により小売が保有するファーストパーティーデータを有効活用することで広告出稿される取引先、またお客様にとっても魅力的なマーケットプレイスを目指してまいります。

■株式会社ベルクについて

設立  : 1959年5月

代表者 : 代表取締役社長 原島 一誠

URL   : https://www.belc.jp/

所在地 : 〒350-2282 埼玉県鶴ヶ島市脚折1646番

事業内容: 食品スーパーマーケット・チェーン経営

■株式会社アドインテについて

設立  : 2009年4月

代表者 : 代表取締役 十河 慎治

URL   : https://adinte.co.jp/

所在地 : 〒600-8441

京都府京都市下京区新町通四条下る四条町347-1 CUBE西烏丸7F

事業内容: 流通小売DX支援/リテールメディア開発・運用/

O2O・OMOマーケティング