【倉敷芸術科学大学】桑木プロが理事長にツアー初優勝を報告

その他 スポーツ・フィットネス
このプレスリリースをシェアする
 女子プロゴルフの資生堂レディース(6月・神奈川)でツアー初優勝を果たした倉敷芸術科学大学健康科学科の桑木志帆選手が7月10日、岡山市北区の学校法人加計学園を訪れ、加計役(まもる)理事長に優勝を報告しました。

報告会場の岡山理科大学A1号館11階に姿を見せた桑木選手は、上下黒のスーツ姿。加計理事長が花束を贈って快挙を祝福し、お祝いのケーキをプレゼントすると、桑木選手の笑顔が弾けました。
続いて、加計理事長はじめ、加計孝太郎学園長、柳澤康信・芸科大学長、加計悟・芸科大副学長、田原誠・附属中学高校校長らとランチを楽しみながら歓談しました。

桑木選手は「ツアーの前半戦で1勝できたので、まずは後半戦で2勝目を挙げるのが目標。続いて、3勝目、4勝目を狙っていきますが、3年のシード権が得られる国内のメジャー大会で優勝したい。ゆくゆくは海外にも挑戦したいと思っています」と目を輝かせながら話していました。

桑木志帆
加計理事長(左)から花束を受け取る桑木選手
桑木志帆
お祝いのケーキがプレゼントされ笑顔の桑木選手。左は加計理事長、右が加計孝太郎学園長
桑木志帆
桑木選手を中心に記念写真に納まる出席者
桑木志帆
加計理事長らと歓談する桑木選手