IT導入補助金支援事業者採択決定!建設業向け案件管理ソフトが低コストで導入可能に

IT・Web・アプリ

【プレスリリース概要】
株式会社ウイング(所在地:新潟市中央区米山2-4-1 木山第3ビル3F、代表取締役:樋山証一)は、IT導入補助金2021の導入支援事業者として採択された。建設業向け案件管理ソフトが補助金利用でお得に導入できる。

【プレスリリース内容】
株式会社ウイング(以下当社)では、IT導入補助金2021のIT導入支援事業者として採択されたことを受け、IT導入補助金を活用した中小企業のIT化推進をサポートする体制を用意した。

~IT導入補助金とは~
「中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。」

自社の強み・弱みを認識・分析し把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図ることを目的として、実施されている。
この事業について、当社では、テレワーク推進、業務効率向上を図るITツールを登録しており、補助金を利用したITツール導入をサポートする。

登録ITツールの第一弾は「建設業向け案件管理ソフト」である。これは、当社が開発したノーコード業務アプリ開発ツール「MagicLogic」上で動くテンプレートとなっている。建設業での営業活動から受注・請求までの案件情報を一元管理することができるため、Excel管理で発生していた、二重管理、属人管理を排し、作業効率が向上する。
建設業に特化した、見積番号自動取得や枝番の自動採番、工事報告書の作成機能もあり、SFA+案件管理ソフトとして活用できる。

■□■ MagicLogic(マジックロジック) ■□■

https://magilogi.jp

MagicLogic(マジックロジック)は、利用するユーザ自身がプログラミング技術やハードウェア、インフラ等ITの専門知識が無くても指定した要件を登録するだけで業務システムを構築できるクラウド及びオンプレミスに対応したICT(情報通信技術)ツールで、テレワーク等で活用することができる。
構築できるシステム数、機能数に制限はなく、利用ユーザ数に対してライセンスの申請を行い、課金後利用できる仕組みとなっている。

1ヶ月間の試用ライセンスもあるため、まずはお試しで利用することも可能。

また、顧客管理や営業日報管理、見積管理、旅費交通費清算、資産管理等の各種業務テンプレートファイルを取り込むことで、即座にシステムを運用できるのも魅力のひとつとなっている。

第31回中小企業優秀新技術・新製品賞(主催:公益財団法人りそな中小企業振興財団、日刊工業新聞社)「優良賞」受賞。

お問い合わせは公式サイトから
https://magilogi.jp/it_hojokin.html

建設業向け案件管理ソフトの詳細はこちらから
https://magilogi.jp/kensetsu/

【プレスリリース連絡先】
お問い合わせ
株式会社ウイング
マーケティング営業統括部
担当:浅川
TEL:025-246-7051
E-Mail:magilogi_contact@weing.co.jp