『第八回 現場川柳』大賞作品決定  ~不具合を 出して直して 二刀流~

ビジネス・経済

産業用センサメーカーのオプテックス・エフエー株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:中島 達也)は、2021年の10月から12月にかけて募集した『第八回 現場川柳』の受賞作品を決定しました。

「現場川柳」とは、当社が定め日本記念日協会の認定を受けた「センサ(10月3日)の日」を記念し、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業などの“現場”にまつわる川柳を募集する企画です。

第八回 現場川柳

【大賞】不具合を 出して直して 二刀流(羽華 さん)

第八回は、2021年に大活躍したメジャーリーガー大谷選手の偉業をたたえる流行語『リアル二刀流』を使って、現場で“空回り”する様子をコミカルに表現した「不具合を 出して直して 二刀流」が大賞を受賞しました。また昨年に続き、コロナ禍におけるものづくり現場を表現する句がノミネートしましたが、今年は『withコロナ』が日常になりつつあるのがわかる、「班長と カブってしまった 柄マスク」や、「うがいして 見えた工場の 老朽化」、「酒旨い 現場復帰の 副反応」などが入賞作品に選ばれました。

今回は応募総数10,080作品の中から、特別選考委員で元エンジニア漫画家の見ル野 栄司(みるの えいじ)氏と社内選考委員により、厳正なる選考を行いました。大賞の他に、見ル野賞(1作品)、優秀賞(3作品)、入賞(10作品)を選出しています。なお、今年も10月3日より『第九回 現場川柳』の作品募集を実施予定です。

■「現場川柳」ホームページ

https://www.optex-fa.jp/senryu/

■特別選考委員 見ル野 栄司(みるの えいじ)氏 プロフィール

漫画家。日本工学院専門学校メカトロニクス科卒業。半導体製造装置などの設計開発の会社に10年勤務した後に、漫画家としてデビュー。ベストセラーの著作に、理工系ものづくりの人々の姿を描いたコミックエッセイ「シブすぎ技術に男泣き!」(中経出版)など。

現在、コミックDAYSにて「グッドファザーボード(原作/見ル野 栄司 漫画/大竹 玲二)」、嘉藤農機webサイト「農機整備グルーヴ」、現代ビジネス「シブすぎ技術放浪記」を連載中。

有料メルマガ「シブすぎ技術秘話」を毎週配信中。

見ル野 栄司ウェブサイト

http://mirunopro.com/

■会社概要

商号  : オプテックス・エフエー株式会社

所在地 : 京都市下京区中堂寺粟田町91 京都リサーチパーク9号館

設立  : 2002年1月7日

代表者 : 代表取締役社長 中島 達也

資本金 : 385,000千円(2020年12月31日)

事業内容: ファクトリー・オートメーション用光電センサ関連機器、

装置の企画開発・製造・販売等

売上高 : 73億7百万円(連結)(2020年12月期)

従業員数: 234名(連結)(2020年12月31日現在)

URL   : https://www.optex-fa.jp